読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンコンさんとの会話で生まれた安中さん同人誌の内容メモ

昨日は、ネット上での知り合いであった「レンコン」さんと初対面を果たしてきました。
(その時の詳しい出来事については同日のツイログをご覧ください)
現在はツイッターでの関わりが一番多いレンコンさんですが、ピクシブ時代も含めるとかれこれ6年くらいは親交があるんじゃないでしょうか。実に長い付き合いだ。
 
今回は、その時の会話から膨らんでいった「安中さんの同人誌」のアイディアをメモとしてまとめておきます。
ジャンル(?)としては「日常」キャラが登場する「孤独のグルメ」のパロディ漫画です。
「ネームを上げてくれたら漫画は描きますよー!」って言ってくれたけど、いかんせん「孤独のグルメ」の漫画は立ち読み程度にしか読んだことがないのであーる。かしこ。
 
 
題名:
孤独のグルメ(仮)」
タイトルの由来は安中さんぼっち説…もとい、安中さんの単独行動率の高さから。
あまりにもそのまますぎるので、タイトルは違うものに変更となる可能性が高そう
「『日常』のグルメ」とか、「榛名のグルメ」とか?
 
内容:
安中さんが井之頭五郎よろしく飲食店に赴く話。
ただし主人公が安中さんなので、出てくる食べ物や店員などは毎回決まって残念。
(例:一見普通のエビフライだけど見てくれだけで中身が入っていない)
簡単にまとめると、「日常」本編の安中さん単独回を全編食べ物絡みにしたような感じ。
 
安中:
・性格や言動は「日常」に忠実に。
・でも「孤独のグルメ」っぽい台詞とかも言わせたい。
・ただし「孤独のグルメ」のパロディであるため、台詞は少なく、基本はモノローグで進行する。
・リアクションの一環として井之頭五郎風味の顔になることも
 
話数:
4〜5話くらい+おまけ漫画(後述)
 
EX:
主人公はみおちゃんで、大工コーヒーが舞台。
「日常」寄りの本編に対してこちらは本家の「孤独のグルメ」にわりと近いような漫画。
オチは「途中でゆっこがヘマをする(コーヒーをこぼすなど)」→「空+建物の背景絵に集中線で締め」。
上記のオチを踏まえると、みおちゃん編はまったくの単独行動ではなく「ゆっことの待ち合わせ中に大工コーヒーで一服」みたいなシチュエーションになると良いのかもしれない。
 
装丁:
文庫本風。
できたらカバーもつける。
 
表紙:
孤独のグルメ」の表紙のパロディ。
でも「日常」らしく、道にだるまが転がってたりする。
話してるときは新装版にあたる方の表紙(この時点では新装版とは知らなかった)を想定してたけど、調べてみたら旧バージョンもいい感じだったのでどっちのバージョンになるのかは要話し合いかもしれない。
 
 
実現させるためにも、まずは「孤独のグルメ」の単行本を読まなくては。
 
追記:
歴代表紙の画像をメモ(直リンク注意)