文アルはじめた

428とかのイシイジロウさんが関わってたり文豪がモチーフだったりと気になる要素はあれどなんか手を出すには至れないでいた『文豪とアルケミスト』をついに始めてしまった。

 
「近々ストーリーが追加されるよ」「今始めたらガチャ石たくさんあげるよ」という情報を得てストーリー実装前でも登録だけしておこうかなとは思いつつ重い腰が動かない状態でしばらくいて、日曜くらいにツイッターで新潮社コラボのスマホカバーの画像見て「いいな」と思ったのをきっかけにヨッシャいっちょ初めてみっかという気分になり現在就任4日目です。
「出版社とのコラボ」と「キャラものでないグッズ」を見て作品としての方向性的な信頼を抱いたのかもしれないなと見ている(他人事か)。

────


*プレイ感想(ファーストインプレッション)

よーし始めるぞーと意気込んでアクセスしたらFirefoxユーザーには人権が無かったのでキレ気味でChromeに移動するところからゲーム開始。
【現在の感想】Chromeでのプレイング、アドオンの『demado』と『Prisc!』がマジ便利…。

チュートリアルで「あれ、これ(艦これでいうところの)初期艦固定? ランダム? こちらでは選べないタイプ?」と思ったらまさかの「一人は固定で一人は選べる」というおもしろ方式だった。なんとなくこの手のゲームって「好きなキャラを一体選んでね」→「じゃあチュートリアルに入るよ」みたいなイメージがある。
【現在の感想】書きながら「(徳田秋声は)FGOでいうところのマシュだと解釈すれば分かりやすいな」と思った。

選べる方の初期キャラは中野重治を選択した(かわいいから)。赤羽根さん、アニマスのプロデューサーにカドの浅野さんになんだ眼鏡キャラなイメージなのか…?(見識が狭い)
【現在の感想】いま名前確認するためにググったら史実(モデル)の方もちゃんと眼鏡だった(というかあの眼鏡)ので「ほほー」って感じ。

攻略Wikiに「二体増やして四人にしてから出撃するといいぜ」とあったので二体増やそうとしたらキャンペーンで一体貰ってしまってアッナンカスミマセン始めたてなのに…という気持ちになった。ということで初期メンはデフォルト入手の「徳田秋声」「中野重治」に配布の「萩原朔太郎」と、建造(艦これ的表現)して入手した「国木田独歩」を加えた四人という編成に。
【現在の感想】ここで弓キャラ引けたの運が良かったな!?(ローテーション用にもう一体欲しくて転生粘ってみてるんだけどなかなか来てくれていない)

めちゃくちゃに音楽が良いし雰囲気も良い(確信)。適度なレトロ感ないしスチームパンク的雰囲気がめちゃくちゃに心地良い。癒される。ヴァニラウェアゲーを彷彿とさせる食べ物へのこだわりもとてもいい感じ。あとキャラクターも男性がメインだけど、「"女性ウケ"的キラキラオーラ」みたいな感じがわりと抑えられている印象がある(なんかみんな落ち着いている)。ありがたい。
【現在の感想】最初で初期メングリグリ出撃させながら「なんかみんな可愛くない? かわいい(確信)」ってなってた(自身の『男性キャラ萌え』への理解度が上がってきたことも関係してるのかもしれない)。少しずつキャラが増えてきた今も「みんな個性があっていいなあ」って感じ。

とにかく音楽がべらぼうに(格好)良いのでみんな聞いてみてくれー!!!!
サントラアルバムの視聴動画:「文豪とアルケミスト 劇伴音樂集」全曲試聴ムービー - YouTube

 

文豪とアルケミスト 劇伴音樂集

文豪とアルケミスト 劇伴音樂集

 


作曲者の坂本英城さん、調べてみたら色んなゲームで作曲担当されててすげーなって思った(小並感)。やったことなくても名前は超絶知ってるようなタイトルがWikipediaにたくさん挙げられている…!
無限回廊のサントラおすすめです(プライムミュージックに追加されて聴き倒してたんだけどそうかこれの人か…という気持ち)。

────

*キャラへの所感とか

徳田秋声かわいくない…?(ぐるぐる目)

・周りと比べて地味/普通っぽいところ気にしてるのが可愛い。おそらくそのせいで助手に選んだ時「僕でいいのかい?」って聞いてきたり編成する時「僕より他の人の方が」って言ったりするんだろうなあ。あと放置ボイスの「どうせ僕のこと忘れてるんじゃないの?」もあるよね。好き。『周りと比べてしまう(自信を持てない・才能を確信しきれない部分があって、自分でもそれが嫌)』部分は耗弱した時顕著に出るよね(ボイスの変化が知りたくて耗弱時にクリックしたら「僕が失敗して面白いか」みたいなこと言われてすごく申し訳無い気持ちになった)。なんというか「お前がいいしお前に頑張ってほしいんだよ! それにお前はお前でいいの!」ってすごく言いたくなるキャラだよね…(ヒロインじゃん)。
・↑だからこそ内に秘めてる意思みたいな部分が感じられる台詞の愛おしさが増すんだろうなあ…。「僕でいいのかい?」も「頑張るよ」って続くし、MVP取ると「僕だって一応みんなと一緒に戦うよ」って言うし。
・眉毛の頭のほうが微妙に下がってるところが可愛い。サンタオルタ感(リヨ絵だと顕著だよねサンタ)。あと全体の色味もカワイイ。黒髪に黒目でパキっとした色合いの服装っていうコントラストがいいと思う。髪の毛がちょっとボサっとしてるのもいいぞ。
・普通(平和・平穏)を望んでいるのに巻き込まれ体質っぽさがあるところが可愛い。被ダメージボイスの「なんなんだよぉ…!」がめっちゃ好き。たぶん面倒事に巻き込まれてもあまり相手に「コラー!」ってならない(怪訝な顔をしながら不満を漏らしてくる)タイプの子だ。好き。
・喋り方が可愛い。「~だね」「~だよ」「~なの?」「~さ」みたいな感じで喋る。カワイイ。一人称も「僕」(カワイイ)。「どうしてそんなにいきがっているのさ?」の言い方好き。かわいい。
・戦闘ボイスかっこいい。『平和で平穏な日常を愛しているからこそ、ソレを踏みにじられることが我慢ならない』みたいな印象を受ける。良い。
・あの…とにかく『ヒロイン系主人公』感というか…こう…その…そういう…(ろくろ手)。上に挙げた要素から分かると思うんだけどこう、成長や幸せを掴むまでの過程としてどんどん辛い目にあってほしくなる(けどなってほしくないという気持ちもある)…。とにかくめちゃくちゃ応援したくなるんだよね…。能力開放時の「いつの間にか、僕も結構強くなってたんだね」は相当に主人公感がある。やばい。健やかに成長してくれ。

――かわいい。(確信を得たという顔)




他のキャラも少し書いておく(所持キャラ全員挙げたらキリ無いので特に印象の強いキャラだけ)

国木田独歩】MVP取りまくってるし今の時点で一回も耗弱状態に陥っていない。なんだこいつ(なんだこいつ)。キャラとしては「転んでもタダでは起きない明るい知りたがり(取材系)キャラ」という印象。探偵っぽさもある。ストレイドックスの方と違ってどちらかと言えば大らかなタイプだなあと思ったけどメモ魔なところはしっかり一緒で面白い。FGOシェイクスピアといい艦これの青葉といい、外向型の物書き系キャラは結構好きなんだろうか自分。 \うんうん、これで独歩さんのすごさが分かっただろー?/
萩原朔太郎】初見の「…こんばんはっ!」のインパクトがすごかった。すーぐ憂鬱になる! 寂しがり屋! 褒められたがり! かわいい!!!!! あと本人には悪いけど耗弱状態の落ち込み方がちょっと面白い。\憂鬱/
中野重治】癒し系しっかり者カワイイ。自分の職業に対して信念とか強い意思(すごく大事に思ってて、たとえ踏みにじられても心の中では絶対にそれを曲げないというような)を持っている感じのところが好き。説明文の『意外にも大雑把』『文豪一、字が汚い』のギャップ萌え感がすごい。あと耗弱時すごいあの、露骨に闇の深さがやばい。\今のキミの攻撃、批判のしようが無いよ~!/
石川啄木】第一印象「不良じゃん(不良じゃん)」 一人称「俺様」の借金踏み倒し不良(がさつ?)系キャラってなんだよ露骨に萌えキャラか。一人称に反してちょいちょい自己評価低そうな部分の見えるところが好き。 \必殺ッ! 借金苦!/
北原白秋】最初「喋り方の変な飄々としたキャラだな~(好き)」って感じたけど、戦闘関連・耗弱時の台詞からやはり『強い信念の柱』みたいな部分が強く感じられて、そういうところがすごく好きだなと思った(深いところで激しく怒るタイプというか)。あとなんか食事ボイスが謎にエロい。結構耗弱まで追い込まれちゃうこと多くてゴメン(だから連続して転生してくるのだけは本当に勘弁してくれ)。  \ちょっと一服してくるよ/←おとなしく寝ててくれ


────

いつものことだけど記事の落とし所が分からん!!!!!!
雰囲気とか好きなのでマイペースに続けられたらいいなって思います! ストーリーも楽しみ! あとサントラ欲しい! おわり!!!!!

2017年秋アニメ気になるものリスト

ハッカドールのアニメリストが更新されていなかったのでメモするついでにブログの記事にしようと目論んだ。
夏は「Fate/Apocrypha」「アホガール」「僕のヒーローアカデミア」「イケメン戦国◆時をかけるが恋は始まらない」を視聴。「バチカン奇跡調査官」は5話くらいまで観たけど残りは気力が残ってたら…という感じ。
あと配信サービスで観ていたログ・ホライズンを完走しました。二期早よ。

続きを読む

「正解するカド」を観てください

Q.一行で

A.きんどるどうでしょうに「正解するカド」の紹介文を載せてもらったぞ。よければ読んでね。

続きを読む

「正解するカド」12話(最終話)のいまいちまとまらない感想

やっと投稿にこぎつけたぞ!!!
Annictだと入り切らないのでこちらにまとめるぞ!!!! 文章としてはまとまっていないけども!!!!!
(最終話だけずっと感想が空白だったことについて)ほぼ毎回字数制限ギリギリの感想文書いてたからAnnictの民に「あいつ死んだのかな」って思われてそう(自意識過剰)だけど残念生きてた! 混乱したり軽く虚無ってる感じの症状が一週間くらい続いてたりはしたけど感想上げてなかったのは単にタイミングがアレだったからというしょうもない理由。つーか毎週よくやってたな自分(ただの自分から出てきた感想だから"よく"もなにも無いんだけどね)。

※2017/07/01→2017/07/08→2017/07/10 の感想や追記やらが入り混じっております

続きを読む

青い鳥文庫「名探偵ホームズ 緋色の研究」 感想メモ

執筆:2017/06/22-23
加筆修正+投稿:2017/07/10

読書動機(不純):
SHERLOCKの1話(吹替版)を観たので元ネタに興味が湧いた
・図書館に足を運んだ結果気まぐれが暴走してFGO新宿編読書キャンペーンが始まった
新宿のアヴェンジャーシェイクスピアジャンヌ(オルタだけど)→新宿の…ホームズ→アルトリア(こっちもオルタだけど)まで制覇。
…アルトリアオルタの妥協感!

名探偵ホームズ 緋色の研究 (講談社 青い鳥文庫)

名探偵ホームズ 緋色の研究 (講談社 青い鳥文庫)

 

 

続きを読む

「正解するカド」10話の感想の追記とか

A Record by らと (revosiemit) on Seikaisuru Kado - #10 | Annict
これの追記とか色々。

「コメントフォームに追記しようとしたらエラーが出たからとりあえずブログに書いとけ」ってやってたらなんか書いてるうちに内容増えてたしどんどん「クソオタクのクソ感想」度合いも増してきてしまった…。

どうかディスらず「気持ち悪いけどこいつこのアニメのことよっぽど好きなんだな」くらいの温かい目で可哀想に思っててください。オネガシャス

続きを読む

2016夏~2017冬深夜アニメ視聴リスト

視聴リストといいつつ全話観終わっていない作品が多すぎる件。
昔は半ば二次元オタクのような深夜アニメ視聴マンだったのだが、PSVITAを妹に奪われてしまってな…。(そもそも気力が無いってのもあるんだけど)

続きを読む