2018年10月の読書メーター

10月の読書メーター
読んだ本の数:30
読んだページ数:6249
ナイス数:27

31冊いけるか!? と思ったけどいかなかった

シャーリー (Beam comix)シャーリー (Beam comix)感想
好き(フォントサイズ最大)(針吹き出し)(集中線)
読了日:10月30日 著者:森 薫

怪盗紳士ルパン (偕成社文庫―アルセーヌ・ルパン・シリーズ)怪盗紳士ルパン (偕成社文庫―アルセーヌ・ルパン・シリーズ)
読了日:10月29日 著者:モーリス ルブラン


オオカミさんと“傘”地蔵さんの恋 (電撃文庫)オオカミさんと“傘”地蔵さんの恋 (電撃文庫)感想
前巻いつ読んだっけと記録を掘り返したら7年前だった(マジかよ)。平時(コメディ部分?)のノリと独特な地の文に馴染めなくて「これ2巻分も読んだの…? 本当に…?」と過去の自分を疑ってしまったんだけど読んでみたらなるほどおおかみさんと亮士君にまつわる(物語の核心に迫る)部分や昔話ネタの改変センスは自分の好きな感じかもしれない。年単位越しに続きを読もうと思ったきっかけは完結後のEXエピソードが良いと聞いたからなんだけどまだまだ先長い感じですかねこれ。雰囲気は掴めたので気楽に頑張りたいところ。
読了日:10月29日 著者:沖田 雅

アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソル奇譚)アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソル奇譚)感想
なんとも続きの気になる終わり方で「くそーーー!!!!!(他の本も読みたいのにちくしょう…)」ってなった。シリーズの続編で子供が主役になってるらしいことを知ってても続きどうなるか気になるぞ。/マダムルフォーめちゃくちゃオタク受けしそうな設定のキャラだよな(好き)。スチームパンクみが増してきたのも良い。周囲の人物をもっと見たいし掘り下げてくれって感じなんだけど本編内では期待できるんだろうか…(どうやら本国ではスピンオフ的な小説もあるらしいけど)
読了日:10月28日 著者:ゲイル・キャリガー

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)感想
冒頭からアレクシアの強キャラぶりに好感を抱かずにはいられなかった。相手の股間へ容赦無く攻撃できるタイプの主人公は男女問わず推せる。世界観も登場人物も面白いし最後も文句無しのハッピーエンド(女王の「みんな二人がどうなるか心配してた(要約)」からの準備期間含めた結婚式描写はアツい)で良かったけど、エッチな描写そんなに要る…? という疑問が最後まで抜けなかった(最後に関しては処女喪失まで含めてのオールドミス卒業なのかなと思ったけど)。そういう場面があること自体は不自然じゃなさそう、すると描写や行為の激しさかな…
読了日:10月24日 著者:ゲイル・キャリガー

今日からマ王! 魔王誕生編 (角川文庫)今日からマ王! 魔王誕生編 (角川文庫)感想
シリーズ初読。有名な作品ってやっぱりそれほど支持されてきただけの面白さが備わっているんだなあと思った。地の文と相性が良いのか驚くほどスラスラ読める(ちょいちょい出てくる変な表現が好き)。人物や世界設定はヘンテコで気楽ながら世界の抱える問題はシリアス、って余程上手く処理できないと歪な印象になるよなあ…(すごい)。話自体は続くことが前提っぽい感じだなと思った(それぞれ単作としてはあんまりスッキリしない感じ)。「おっ主人公覚醒来るか?」みたいなポイントで何も起こらない(奇跡的に状況が好転しない)のがわりと印象的
読了日:10月17日 著者:喬林 知

堕落論 (280円文庫)堕落論 (280円文庫)
読了日:10月17日 著者:坂口安吾
黒博物館 スプリンガルド (モーニングコミックス)黒博物館 スプリンガルド (モーニングコミックス)
読了日:10月15日 著者:藤田和日郎
トリニティ・ブラッド(6)<トリニティ・ブラッド> (あすかコミックス)トリニティ・ブラッド(6)<トリニティ・ブラッド> (あすかコミックス)
読了日:10月15日 著者:九条 キヨ,吉田 直,THORES柴本
トリニティ・ブラッド(5): 第5巻 (あすかコミックス)トリニティ・ブラッド(5): 第5巻 (あすかコミックス)
読了日:10月15日 著者:九条 キヨ,吉田 直,THORES柴本
都会のトム&ソーヤ(1) (講談社文庫)都会のトム&ソーヤ(1) (講談社文庫)
読了日:10月14日 著者:はやみね かおる


この悪夢が消えるまで―イヴ&ローク〈1〉 (ヴィレッジブックス)この悪夢が消えるまで―イヴ&ローク〈1〉 (ヴィレッジブックス)感想
傷や脆さを抱えていながらそれに負けないよう頑張り続けている(あとご飯をおいしそうに食べる)人間って愛おしいよね(『いじらしい』『眩しい』『攻略したくなる』などでも可)。イヴがロークに心を開いてからの女の子っぷりが微笑ましくて良い。たくましさはそのままに幸せで健やかに生きていってほしい。あとロークがわりと悪い事に慣れてる(≠悪人)ところ好き
読了日:10月13日 著者:J.D. ロブ

トリニティ・ブラッド(4): 第4巻 (あすかコミックス)トリニティ・ブラッド(4): 第4巻 (あすかコミックス)
読了日:10月12日 著者:九条 キヨ,吉田 直,THORES柴本
トリニティ・ブラッド(3): 第3巻 (あすかコミックス)トリニティ・ブラッド(3): 第3巻 (あすかコミックス)
読了日:10月12日 著者:九条 キヨ,吉田 直,THORES柴本
トリニティ・ブラッド 第2巻 (あすかコミックス)トリニティ・ブラッド 第2巻 (あすかコミックス)
読了日:10月12日 著者:九条 キヨ,吉田 直,THORES柴本


トリニティ・ブラッド(1): 第1巻 (あすかコミックス)トリニティ・ブラッド(1): 第1巻 (あすかコミックス)感想
原作をすっきり読みやすくコミカライズしてる印象(あらすじは同じながら細かい部分がカットされてたりキツめの描写が省かれてたりやり取りにコミカルさが追加されてたり)。それでも大事な場面はしっかり外さず描いてるし絵も綺麗なのですごい。ところでアベルのお気楽ゆるふわ感めちゃくちゃ増してない?(めちゃくちゃ簡略化されて描かれてるところ好き) 単純に楽しくて良いなと思うしシリアスな場面との緩急がつく作用もあるのかもと思うと感心する。てかコミックウォーカーの無料公開分って1巻まるごとだったんだね!?
読了日:10月11日 著者:九条 キヨ,吉田 直,THORES柴本

ペンギンたんけんたい (どうわがいっぱい)ペンギンたんけんたい (どうわがいっぱい)感想
ちまちました絵が可愛い。掛け声の天丼ネタ子供にウケそう。ペンギンたちがひたすらマイペースですき
読了日:10月10日 著者:斉藤 洋

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:10月09日 著者:萩原天晴,福本伸行,橋本智広,三好智樹
妖怪アパートの幽雅な日常(1) (シリウスコミックス)妖怪アパートの幽雅な日常(1) (シリウスコミックス)
読了日:10月09日 著者:香月日輪,深山和香
腐女子になると、人生こうなる!~底~ (ZERO-SUMコミックス)腐女子になると、人生こうなる!~底~ (ZERO-SUMコミックス)
読了日:10月09日 著者:御手洗 直子
人外さんの嫁: 2 (ZERO-SUMコミックス)人外さんの嫁: 2 (ZERO-SUMコミックス)
読了日:10月09日 著者:八坂 アキヲ,相川 有
ヤコとポコ 1 (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと!)ヤコとポコ 1 (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと!)
読了日:10月09日 著者:水沢悦子
真月譚 月姫(5)<真月譚 月姫> (電撃コミックス)真月譚 月姫(5)<真月譚 月姫> (電撃コミックス)
読了日:10月09日 著者:佐々木少年


月世界小説 (ハヤカワ文庫JA)月世界小説 (ハヤカワ文庫JA)感想
やべえ…(敬服)。最後の方の現実改変バトルの設定だけでも面白い作品作れそう。落丁爆弾すき
読了日:10月08日 著者:牧野 修

ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)感想
ひたすらにめちゃくちゃ気楽で「いいなあ…!」と思った。『して楽しい努力』を続けられれば無限に楽しく生きられるな
読了日:10月07日 著者:野尻 抱介

紅茶の国 紅茶の旅 (ちくま文庫)紅茶の国 紅茶の旅 (ちくま文庫)
読了日:10月04日 著者:磯淵 猛
封神演義―完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)封神演義―完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)
読了日:10月03日 著者:藤崎 竜
となりの関くん (8) (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん (8) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:10月03日 著者:森繁拓真


萩尾望都作品集〈13〉11人いる! (プチコミックス)萩尾望都作品集〈13〉11人いる! (プチコミックス)感想
本筋はシリアスな感じだし"考えさせられる"的な要素もあるけどコミカルな描写やロマンチック的な部分を混ぜつついい感じの結末に収束する気楽さが良いと思った。表題「11人いる!」だけど精霊の話の方がメイン感ある
読了日:10月01日 著者:萩尾 望都

現実入門現実入門
読了日:10月01日 著者:穂村 弘

読書メーター

ぷよクエのクロードとアルセーヌ・ルパン(&モーリス・ルブラン)の関連性について

概要

ぷよぷよ!!クエスト』のクロード(怪盗キャラ、ご多分に洩れずアルセーヌ・ルパンがモチーフっぽい)と元ネタとの関連要素とかそういう感じのアレについての記事。Twitterに投稿したやつのまとめ+追記補足(ふわっとしている)。
全体的にクソにわかもいいところなんで間違ってる部分とか気付いてないような部分があったりしたら優しく教えてくれよな!!!!!
調べてたら量増えた&入り組んできたので見出し使ったりしてる(エディタの範囲指定が上手くいかないのでいつも太字でごまかしてたけど今回はちゃんとHTMLタグ調べて設定してるぜ!!!!(褒めて))

クロードの見た目について

f:id:revosiemit:20181022144134p:plain
この見た目は怪盗以外有り得ない、というくらい模範的・典型的なルパン系怪盗キャラの見た目だと思う。

またルパンの服装のイメージとして、「シルクハットと夜会服にモノクル (片眼鏡)」というものがある。が、意外にも原作の本文中にはそういう描写はまったくない。このイメージは、ラフィット社からルパンの単行本が初めて出た時に、表紙などのイラストがこのスタイルで描かれたことが原因で広まったらしい。
アルセーヌ・ルパン - Wikipedia

奇岩城 (新潮文庫―ルパン傑作集)
概念レベルにまで落とし込まれたルパンの図(なんかマント着てるイメージもあるよね)

f:id:revosiemit:20181022144246p:plain
ちょっと分かりづらいけどモノクルもちゃんとある

 ところで全部のイラストに描いてある宝石って「女王の首飾り」から来ているんだろうか(影が首から下げてるイラストあるし)。にしては簡素すぎるような気もするけど

f:id:revosiemit:20181022144134p:plain

f:id:revosiemit:20181022152513p:plain

f:id:revosiemit:20181022152535p:plain

f:id:revosiemit:20181022152549p:plain

f:id:revosiemit:20181022152552p:plain
フレーバーテキストにこういう記述があるも「ヒミツ」については特に明言されていない(はず)

クロードの名前について

ps:/¥

クロード・モネの絵で有名な大西洋岸の町エトルタには、彼の住居を基にしたモーリス・ルブラン記念館、通称「アルセーヌ・ルパンの隠れ家」がある。またモネの絵の題材にもなった有名なエトルタの岸壁は、その頂上に登ると崖の内部に潜れるようになっており、『奇巌城』に登場する暗号がそのまま金属プレートで掲示されている。

モーリス・ルブラン - Wikipedia

 ちなみに「クロード」についても調べてみた

フランス語圏に多い名前。ローマの名門クラウディウス氏族(Claudius)に由来する。男女ともに用いられる。

クロード - Wikipedia

伝統的に高慢・強気・非妥協的・先見性、国家利益を最優先とする確固たる意思、強い責任感、といった資質を持つ男たちが多い。 しかしながら、その資質は軍隊を率いる際には利点となる点も多く、歴代非常に多くの高官を送り出した。
クラウディウス氏族 - Wikipedia


カードセリフ(吹き出しセリフ)と連鎖ボイスを参照する限り少なくとも『高慢・強気』ではあるよね。『国家利益』『強い責任感』はクロードよりもルパンっぽい印象(愛国者であり弱気を助ける義賊であり……)。

クラウディウス』っていうと浮かぶのは『皇帝ネロ』だけど『クラウディウス氏族』のページにいないのナンデ?(記入漏れなのか分類が違うのか)
ところでアルセーヌ・ルパン、なんか皇帝やってた時期があるっぽいんだけどマジか。

ちなみに英語版Wikipedia曰く『アルセーヌ(Arsène)』の語源は「強く、勇敢な(strong, virile)」らしいぞ。……もしかしてかなり意図的なネーミングだったりするのかも?(偶然に色々と一致したのかもしれないけど) 

クロードの「影」について


上記ツイート参考部分(スクショ)から

 「どこへ行っても付きまとう。ルパンはわたしの影ではない。わたしがルパンの影なのだ。わたしが小説を書くとき、机に向かっているのはルパンであり、わたしは彼に従うだけだ」
 ルパン・シリーズの作者モーリス・ルブランは自身の推理小説の主人公、アルセーヌ・ルパンと自分自身の関係をこう表現しました。

小説家モーリス・ルブランの足跡をたどるエトルタ―「アルセーヌ・ルパンの家」

魔界からきた神出鬼没の怪盗。
あまり自分のことを語らず、彼の正体や目的を
知る者といえば、自身の「影」くらいだという。
ぷよぷよ!!クエスト『[★5] クロード』カード紹介

私が怪盗をしている理由か?
それは私の「影」に聞くといい…可能ならな
ぷよぷよ!!クエスト『[★5] クロード』セリフ

 


上記ツイート参考部分(スクショ)から

 ハートの7(ハートのセブン、原題:Le Sept de cœur)は、モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズのひとつである短編小説[1][2]。1907年発表。第一短編集『怪盗紳士ルパン』に収録。「わたし」ことルブランが、自宅での怪奇な事件をきっかけに、ルパンの伝記作家となったいきさつが明かされる。
ハートの7 - Wikipedia

 

Q.変装要素

A.(イベント限定カードに)ある

カード能力解説/魔界シリーズ - ぷよぷよ!!クエスト @ ウィキ - アットウィキ

f:id:revosiemit:20181014002722p:plain

 

たとえどのような姿になろうとも この「影」だけは、私と共にあるのだ

【ぷよクエ攻略】変装のクロード・Sの最新データ!

 

ふわっとしたまとめ

クロードくんかっこよくてかわいいしつよいからみんな使って

落とし所がわからないのでここで終了です。浅い浅すぎる。

軽い気持ちで調べてみたら予想以上にすごくモチーフとしてルパンが絡んでいるんだなーと驚いた。「影」とかちゃんと分かる人には分かるネタだよなあ……。
ルパパトきっかけに初めてルパンシリーズに手を出したような人間なのでそのへんピンときてなかったんだけど、調べていくうちに「これって……!?」というような要素が浮き上がってきてなかなか楽しかったです(作文)。

名探偵コナン」とのコラボによって同じくアルセーヌ・ルパンがモチーフ(こちらは明言されている)である怪盗キッドと一緒に並べることができるのも面白いところ。ちょうど今コナンコラボ復刻してるみたいなのでサポートやバトルの相手に表示されやすくなってるんじゃないかな。

f:id:revosiemit:20181022132452p:plain
うまくいけばこういうことができる

そういえば昨日はルパパトの放送日で江戸川乱歩(こちらも怪人二十面相のモチーフが以下略)の誕生日だったんだよね。頑張って昨日仕上げればよかったとか思わなくもないけどまあ後の祭りですよね!!!!!(ドンマイ)

 

怪盗紳士ルパン (偕成社文庫―アルセーヌ・ルパン・シリーズ)

怪盗紳士ルパン (偕成社文庫―アルセーヌ・ルパン・シリーズ)

 

 図書館で借りたんだけど手に取りやすいサイズ感で表紙もなんかオシャレだった。中身自体は昔に出たやつみたいだけど読みやすい文体で良い(古めかしすぎない感じ)。フランス語をカタカナ表記してるような部分とか昔の文化っぽい単語とかに解説/訳注入ってないのだけは(子供向けとして)少し不親切かもしれない。
レビュー読んでみたら「ハヤカワ版の訳もいいぜ」ってあってほほーってなったんだけど知ってる! ホームズやジーヴスで通った道だこれ!!!!(別の訳でも読もうとするやつ)

 

追記:見た目についての部分が抜けていたので追加

2018年9月の読書メーター

なんかアホほど読んでた(当社比)なので記録

9月の読書メーター
読んだ本の数:26
読んだページ数:4137
ナイス数:24

横浜駅SF (カドカワBOOKS)横浜駅SF (カドカワBOOKS)
読了日:09月26日 著者:柞刈湯葉
Final Anchors (早川書房)Final Anchors (早川書房)感想
「えー、これどうなっちゃうのー!?(ドキドキ)」となりながら先の行を読まないように気を付けながら読んでいた(超レアな事例)。AI同士の冷静で淡々とした議論の話かと思いきやわりとアニメや漫画っぽい感じ(ビジュアル的な演出やAIのキャラ付け+それらの要素が備わっていることへの理屈、物語要素(だんだん明かされる謎や情緒的描写))でびっくりした。読み終わって切なくなったしなんかよく分からないけどめちゃくちゃ涙出てきた。人工的な存在に思い出や生きたいという気持ちや好きなものが備わっているというのが琴線に触れるのか?
読了日:09月22日 著者:八島 游舷

はたらく細胞(1) (シリウスコミックス)はたらく細胞(1) (シリウスコミックス)
読了日:09月22日 著者:清水茜
私を月まで連れてって1巻(あすかコミックスDX)私を月まで連れてって1巻(あすかコミックスDX)
読了日:09月07日 著者:竹宮惠子
憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)
読了日:09月07日 著者:三好 輝
ゆゆ式 (6) (まんがタイムKRコミックス)ゆゆ式 (6) (まんがタイムKRコミックス)
読了日:09月07日 著者:三上 小又
響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)
読了日:09月06日 著者:柳本 光晴
本日のバーガー1 (芳文社コミックス)本日のバーガー1 (芳文社コミックス)
読了日:09月06日 著者:才谷ウメタロウ,花形 怜
さんかく窓の外側は夜 (5) (クロフネコミックス)さんかく窓の外側は夜 (5) (クロフネコミックス)
読了日:09月06日 著者:ヤマシタ トモコ
幼女戦記 (5) (角川コミックス・エース)幼女戦記 (5) (角川コミックス・エース)
読了日:09月06日 著者:東條 チカ
服を着るならこんなふうに (5) (単行本コミックス)服を着るならこんなふうに (5) (単行本コミックス)
読了日:09月06日 著者:縞野やえ
ざるそば(かわいい) (MF文庫J)ざるそば(かわいい) (MF文庫J)
読了日:09月04日 著者:つちせ八十八
フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)
読了日:09月04日 著者:高屋 奈月
フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)
読了日:09月04日 著者:高屋 奈月
メイドインアビス 2 (バンブーコミックス)メイドインアビス 2 (バンブーコミックス)
読了日:09月04日 著者:つくしあきひと
トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使 (角川スニーカー文庫)トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使 (角川スニーカー文庫)
読了日:09月04日 著者:吉田 直
家族ゲーム 2 (電撃コミックス EX 4コマコレクション)家族ゲーム 2 (電撃コミックス EX 4コマコレクション)
読了日:09月02日 著者:鈴城 芹
家族ゲーム (Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション)家族ゲーム (Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション)
読了日:09月02日 著者:鈴城 芹
バーナード嬢曰く。 (4) (REXコミックス)バーナード嬢曰く。 (4) (REXコミックス)感想
kindle
読了日:09月01日 著者:施川 ユウキ
亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:09月01日 著者:ペトス
亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想
状況的には"ハーレム系"といえるしちょっとエロを想起させるような部分もあったりするのに終始「微笑ましい」となるバランスがすごい。ひかりちゃんかわいい。
読了日:09月01日 著者:ペトス
ヴァニタスの手記(4) (ガンガンコミックスJOKER)ヴァニタスの手記(4) (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:09月01日 著者:望月 淳
ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)
読了日:09月01日 著者: 
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
物理的に痛々しい描写が多くてひえぇ
読了日:09月01日 著者:野田 サトル
ぐらんぶる(1) (アフタヌーンKC)ぐらんぶる(1) (アフタヌーンKC)感想
コメディやってる部分と真面目な部分の落差!!!! 本筋に入る前の段階で振り落とされる人どれだけいるんだこれwwww(局部が隠されているとはいえ全裸の男性が大勢出てくるのはちょっと引く) グラスに日を灯してお酒か判断するところの勢いが良くて好き。お話としてはまだまだ序盤も序盤って感じだなと思った。もっとダイビングに関する部分を読みたい!
読了日:09月01日 著者:吉岡 公威
ぱら☆いぞ2 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)ぱら☆いぞ2 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
読了日:09月01日 著者:道満 晴明

読書メーター

2018年5月の読書メーター

なんかめちゃくちゃ読んでたので記録しておく

5月の読書メーター
読んだ本の数:16
読んだページ数:2448
ナイス数:11

むかしむかしのきょうのぼく 2―週刊はじめての初音ミク (ヤングジャンプ愛蔵版)むかしむかしのきょうのぼく 2―週刊はじめての初音ミク (ヤングジャンプ愛蔵版)感想
カイトくんほんとすき。自身の周りに比べて地味な部分や割りを食ってしまうような部分に密かな不満を抱いてはいても、それでも他人の幸せを祈れるようなひとは本当に素敵だと思う。そういうひとがいるからこそみんな安心して過ごせるんだよね…。V3発売されて本当に良かったなあ。しかしこの作品、ボカロ達のキャラ付けが本当に上手くてすごい(二次設定的イメージ+独自設定)。商店街コメディとしてもしっかり成立しててすごいし、でも「ボカロの設定いらないじゃん!」ってならないのがすごい。明るい雰囲気だけどたまに切なさがあるのも好き。
読了日:05月04日 著者:林 健太郎
むかしむかしのきょうのぼく 3 ~週刊はじめての初音ミク~ (愛蔵版コミックス)むかしむかしのきょうのぼく 3 ~週刊はじめての初音ミク~ (愛蔵版コミックス)
読了日:05月05日 著者:林 健太郎
撲殺天使ドクロちゃん〈3〉 (電撃文庫)撲殺天使ドクロちゃん〈3〉 (電撃文庫)
読了日:05月06日 著者:おかゆ まさき
石川チカ作品集 イチカバチカ (バーズコミックス スピカコレクション)石川チカ作品集 イチカバチカ (バーズコミックス スピカコレクション)
読了日:05月06日 著者:石川 チカ
ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)感想
絵柄めちゃくちゃかわいいのに中身はえぐい下ネタのオンパレード!だけど雰囲気がカラっとしてるからぐいぐい読めてしまうのがすごい。この漫画の下ネタって会話のスパイス的な下ネタじゃなく、下ネタそのものをネタに大喜利してるみたいな感じ。発想すごい。深刻さとは無縁のスナック感覚漫画と思いきやたまに切なさが混じってるようなところも好き(最終話が顕著だけど本編もしれっとちょいちょい切ない要素入れてくるよね…)。これ投稿するより先に他の人の感想読んでたんだけど、なるほど「センスが良い」と表すのはしっくり来るかもしれない。
読了日:05月06日 著者:道満 晴明
ジーヴス英国紳士録 ~プリーズ、ジーヴス シリーズ~ (花とゆめCOMICS プリーズ、ジーヴスシリーズ)ジーヴス英国紳士録 ~プリーズ、ジーヴス シリーズ~ (花とゆめCOMICS プリーズ、ジーヴスシリーズ)
読了日:05月06日 著者:勝田文
プリーズ、ジーヴス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)プリーズ、ジーヴス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)
読了日:05月07日 著者:勝田 文
プリーズ、ジーヴス 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)プリーズ、ジーヴス 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)
読了日:05月07日 著者:勝田 文,P.G.Wodehouse
ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイアダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア
読了日:05月11日 著者:ジェフリー・ブラウン
猫の建築家猫の建築家感想
絵も文章もなんかとても落ち着く本だ…。(絵は色が騒がしくないからというのもあるかもしれない) 巻末の挿絵一覧に『猫はネズミを見ています』というタイトルのがあって、そのページに戻ってよく見てみたら「あっ!(いた!)」ってなった。こまけえ…
読了日:05月11日 著者:森 博嗣
失われた猫失われた猫感想
すげえ!!!! わかるようでさっぱりわからん!!!!!! わかろうとしながら読むとモヤモヤする!!!!! !! でもわかんなくていいんだと思う!!!!!!
読了日:05月11日 著者:森博嗣
ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)感想
「すげえ!!!!! 天才!!!!!」みたいな感想しか出ないしあとがき読んでも「嘘乙〜!(笑顔)」みたいな感想しか出ねえ!!!!! やべー!!!!!(興奮)
読了日:05月18日 著者:大間 九郎
よつばと!(14) (電撃コミックス)よつばと!(14) (電撃コミックス)
読了日:05月18日 著者:あずま きよひこ
自分探しと楽しさについて (集英社新書)自分探しと楽しさについて (集英社新書)
読了日:05月21日 著者:森 博嗣
猫語の教科書 (ちくま文庫)猫語の教科書 (ちくま文庫)
読了日:05月23日 著者:ポール ギャリコ
新解さんの謎新解さんの謎
読了日:05月31日 著者:赤瀬川 原平

読書メーター

ハーレクイン系小説のタイトルに一番多く使われている(であろう)爵位を調べてみた

*経緯
ハーレクイン系小説への興味が微妙に湧く→用事のついでにブックオフへ行く→ハーレクインの棚を見つけて眺める→「……伯爵多くね?」→「あ、でも他のやつ(爵位)もいるな……」→「何が一番多いとかあるのかな」→『ハーレクイン 爵位 統計』で検索→「出てこねえ!!!!」→「もういいや自分で調べたろ」 ←イマココ!!

※興味→少しずつ読み進めている『乙女の読書道(著:池澤春菜)』で喩えとして登場した他、偶然にも先日参加した読書会で『イブ&ローク』シリーズについての言及があったりした(「SF的世界の食べ物」的な話題で出てきた)


*今回の調査条件
・調査にはAmazonの情報を使用
└本カテゴリの「文学・評論」に絞って検索
・検索ワードは「ハーレクイン 【爵位】」
爵位についてはWikipediaの一覧表を参考とする
└漢字表記のみ(カタカナは同音異義とかややこしいので除外)

著者/翻訳者名や商品説明も引っ掛かっちゃうので純粋にタイトルのみってことにはならないんだけど、だいたいのデータってことでご了承いただければ。
同社のティーンズラブ系レーベルのやつとかも一緒に引っ掛かってたらゴメンネ☆

Q.ハーレクイン公式の検索フォームからタイトル指定で検索したら?
A.古い作品がヒットしない/レーベル指定して足し算するのめんどい


*調査結果
伯爵:163
王子:115
公爵:102
騎士:62
子爵:44
侯爵:39
男爵:15
大公:2

ヒット数が0件だった爵位
親王、公子、辺境伯、伯、副伯、準男爵/准男爵、勲功爵、勲爵士

※『公子』のヒット数は40件だったけど、表示結果でもしやと思って確認してみたところ『貴公子』か『大舘公子(翻訳者)』が引っ掛かっていることが判明したので0件扱いとします(見落としあったらゴメンネ)


*まとめ
わたしは深夜のテンションに任せて何を?

……ということで、ハーレクイン系小説のタイトルに置いて一番多く使用されている(と推測される)爵位

『伯爵』

であることが判明しました。まあカッコいいもんな(モンテクリストとかサンジェルマンとかもいるしな)。

これ以外にもハーレクインについては色々調べてまとめてたりしたので、覚えてたら続けて記事化したいと思います(というかそっちを先に公開しようと思っていた)。

 

乙女の読書道

乙女の読書道

 

池澤春菜さん、本の紹介(まとめかた)と文章の表現がべらぼうに上手い……。

 

去年の振り返りと今年の目標2018

http://nzmk-lab.hatenablog.com/entry/2017/02/09/014613

去年こんな記事を書いてたのを思い出して「今年もやっとくか」とぼんやり考えてたら3月。3月て。

ぐだぐだ書いてたら文字数膨れ上がってしまったので最初に内容をざっくり。

 

1.去年掲げた目標の振り返り

2.去年のハイライト

3.今年の目標

4.意識的にやれるといいなってこと(今年の目標も踏まえて)

5.まとめ

 

この記事5600字くらいあるらしいぞ!!!!(マジかよ)

 

続きを読む

メテオス面白いよメテオス

出掛けた先のブックオフで250円になってて「もうこりゃ買うしかねえな!」ってなって買った("っ"が多い)。しばらく寝かせてたけど最近プレイし始めたのでメモ程度に感想を書く。

・最初よく分からなかったし死にまくってたけど慣れてきたら何が面白いのか分からないのに必死になって無限にプレイしてしまう(何が面白いのかは分からないけど面白いということは確か)
・ここぞという時の操作性がちょっと悪いかも(メテオがパッと掴みにくい)
・めちゃくちゃスマブラ パズルゲームで何を言ってるのかって感じだけどめちゃくちゃにスマブラ(メニューのUIとか音楽とかゲームモードとかルール設定とか言葉遣いの桜井さんっぽさとか色々めちゃくちゃにスマブラ
・打ち上げた時の効果音の鳴り方がルミネスっぽい(水口哲也さんが関わっているから?)
・解説テキストが好きでグランネスト使ってるけど実際使いやすくない? 使いやすい(落ちる速度がちょうどいいしメテオも見やすくて良い)
・サクッと遊べるところが本当に「ちょうどいいゲーム」って感じ(ふとした時に「やるかー!」ってなれてしばらくプレイして満足できるタイプのゲームだと思う)

────

今年も残り4日だって! うひー!

メテオス

メテオス