2018年9月の読書メーター

なんかアホほど読んでた(当社比)なので記録

9月の読書メーター
読んだ本の数:26
読んだページ数:4137
ナイス数:24

横浜駅SF (カドカワBOOKS)横浜駅SF (カドカワBOOKS)
読了日:09月26日 著者:柞刈湯葉
Final Anchors (早川書房)Final Anchors (早川書房)感想
「えー、これどうなっちゃうのー!?(ドキドキ)」となりながら先の行を読まないように気を付けながら読んでいた(超レアな事例)。AI同士の冷静で淡々とした議論の話かと思いきやわりとアニメや漫画っぽい感じ(ビジュアル的な演出やAIのキャラ付け+それらの要素が備わっていることへの理屈、物語要素(だんだん明かされる謎や情緒的描写))でびっくりした。読み終わって切なくなったしなんかよく分からないけどめちゃくちゃ涙出てきた。人工的な存在に思い出や生きたいという気持ちや好きなものが備わっているというのが琴線に触れるのか?
読了日:09月22日 著者:八島 游舷

はたらく細胞(1) (シリウスコミックス)はたらく細胞(1) (シリウスコミックス)
読了日:09月22日 著者:清水茜
私を月まで連れてって1巻(あすかコミックスDX)私を月まで連れてって1巻(あすかコミックスDX)
読了日:09月07日 著者:竹宮惠子
憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)
読了日:09月07日 著者:三好 輝
ゆゆ式 (6) (まんがタイムKRコミックス)ゆゆ式 (6) (まんがタイムKRコミックス)
読了日:09月07日 著者:三上 小又
響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)
読了日:09月06日 著者:柳本 光晴
本日のバーガー1 (芳文社コミックス)本日のバーガー1 (芳文社コミックス)
読了日:09月06日 著者:才谷ウメタロウ,花形 怜
さんかく窓の外側は夜 (5) (クロフネコミックス)さんかく窓の外側は夜 (5) (クロフネコミックス)
読了日:09月06日 著者:ヤマシタ トモコ
幼女戦記 (5) (角川コミックス・エース)幼女戦記 (5) (角川コミックス・エース)
読了日:09月06日 著者:東條 チカ
服を着るならこんなふうに (5) (単行本コミックス)服を着るならこんなふうに (5) (単行本コミックス)
読了日:09月06日 著者:縞野やえ
ざるそば(かわいい) (MF文庫J)ざるそば(かわいい) (MF文庫J)
読了日:09月04日 著者:つちせ八十八
フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)
読了日:09月04日 著者:高屋 奈月
フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)
読了日:09月04日 著者:高屋 奈月
メイドインアビス 2 (バンブーコミックス)メイドインアビス 2 (バンブーコミックス)
読了日:09月04日 著者:つくしあきひと
トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使 (角川スニーカー文庫)トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈2〉熱砂の天使 (角川スニーカー文庫)
読了日:09月04日 著者:吉田 直
家族ゲーム 2 (電撃コミックス EX 4コマコレクション)家族ゲーム 2 (電撃コミックス EX 4コマコレクション)
読了日:09月02日 著者:鈴城 芹
家族ゲーム (Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション)家族ゲーム (Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション)
読了日:09月02日 著者:鈴城 芹
バーナード嬢曰く。 (4) (REXコミックス)バーナード嬢曰く。 (4) (REXコミックス)感想
kindle
読了日:09月01日 著者:施川 ユウキ
亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:09月01日 著者:ペトス
亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想
状況的には"ハーレム系"といえるしちょっとエロを想起させるような部分もあったりするのに終始「微笑ましい」となるバランスがすごい。ひかりちゃんかわいい。
読了日:09月01日 著者:ペトス
ヴァニタスの手記(4) (ガンガンコミックスJOKER)ヴァニタスの手記(4) (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:09月01日 著者:望月 淳
ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)
読了日:09月01日 著者: 
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
物理的に痛々しい描写が多くてひえぇ
読了日:09月01日 著者:野田 サトル
ぐらんぶる(1) (アフタヌーンKC)ぐらんぶる(1) (アフタヌーンKC)感想
コメディやってる部分と真面目な部分の落差!!!! 本筋に入る前の段階で振り落とされる人どれだけいるんだこれwwww(局部が隠されているとはいえ全裸の男性が大勢出てくるのはちょっと引く) グラスに日を灯してお酒か判断するところの勢いが良くて好き。お話としてはまだまだ序盤も序盤って感じだなと思った。もっとダイビングに関する部分を読みたい!
読了日:09月01日 著者:吉岡 公威
ぱら☆いぞ2 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)ぱら☆いぞ2 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
読了日:09月01日 著者:道満 晴明

読書メーター

2018年5月の読書メーター

なんかめちゃくちゃ読んでたので記録しておく

5月の読書メーター
読んだ本の数:16
読んだページ数:2448
ナイス数:11

むかしむかしのきょうのぼく 2―週刊はじめての初音ミク (ヤングジャンプ愛蔵版)むかしむかしのきょうのぼく 2―週刊はじめての初音ミク (ヤングジャンプ愛蔵版)感想
カイトくんほんとすき。自身の周りに比べて地味な部分や割りを食ってしまうような部分に密かな不満を抱いてはいても、それでも他人の幸せを祈れるようなひとは本当に素敵だと思う。そういうひとがいるからこそみんな安心して過ごせるんだよね…。V3発売されて本当に良かったなあ。しかしこの作品、ボカロ達のキャラ付けが本当に上手くてすごい(二次設定的イメージ+独自設定)。商店街コメディとしてもしっかり成立しててすごいし、でも「ボカロの設定いらないじゃん!」ってならないのがすごい。明るい雰囲気だけどたまに切なさがあるのも好き。
読了日:05月04日 著者:林 健太郎
むかしむかしのきょうのぼく 3 ~週刊はじめての初音ミク~ (愛蔵版コミックス)むかしむかしのきょうのぼく 3 ~週刊はじめての初音ミク~ (愛蔵版コミックス)
読了日:05月05日 著者:林 健太郎
撲殺天使ドクロちゃん〈3〉 (電撃文庫)撲殺天使ドクロちゃん〈3〉 (電撃文庫)
読了日:05月06日 著者:おかゆ まさき
石川チカ作品集 イチカバチカ (バーズコミックス スピカコレクション)石川チカ作品集 イチカバチカ (バーズコミックス スピカコレクション)
読了日:05月06日 著者:石川 チカ
ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)感想
絵柄めちゃくちゃかわいいのに中身はえぐい下ネタのオンパレード!だけど雰囲気がカラっとしてるからぐいぐい読めてしまうのがすごい。この漫画の下ネタって会話のスパイス的な下ネタじゃなく、下ネタそのものをネタに大喜利してるみたいな感じ。発想すごい。深刻さとは無縁のスナック感覚漫画と思いきやたまに切なさが混じってるようなところも好き(最終話が顕著だけど本編もしれっとちょいちょい切ない要素入れてくるよね…)。これ投稿するより先に他の人の感想読んでたんだけど、なるほど「センスが良い」と表すのはしっくり来るかもしれない。
読了日:05月06日 著者:道満 晴明
ジーヴス英国紳士録 ~プリーズ、ジーヴス シリーズ~ (花とゆめCOMICS プリーズ、ジーヴスシリーズ)ジーヴス英国紳士録 ~プリーズ、ジーヴス シリーズ~ (花とゆめCOMICS プリーズ、ジーヴスシリーズ)
読了日:05月06日 著者:勝田文
プリーズ、ジーヴス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)プリーズ、ジーヴス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)
読了日:05月07日 著者:勝田 文
プリーズ、ジーヴス 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)プリーズ、ジーヴス 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)
読了日:05月07日 著者:勝田 文,P.G.Wodehouse
ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイアダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア
読了日:05月11日 著者:ジェフリー・ブラウン
猫の建築家猫の建築家感想
絵も文章もなんかとても落ち着く本だ…。(絵は色が騒がしくないからというのもあるかもしれない) 巻末の挿絵一覧に『猫はネズミを見ています』というタイトルのがあって、そのページに戻ってよく見てみたら「あっ!(いた!)」ってなった。こまけえ…
読了日:05月11日 著者:森 博嗣
失われた猫失われた猫感想
すげえ!!!! わかるようでさっぱりわからん!!!!!! わかろうとしながら読むとモヤモヤする!!!!! !! でもわかんなくていいんだと思う!!!!!!
読了日:05月11日 著者:森博嗣
ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)感想
「すげえ!!!!! 天才!!!!!」みたいな感想しか出ないしあとがき読んでも「嘘乙〜!(笑顔)」みたいな感想しか出ねえ!!!!! やべー!!!!!(興奮)
読了日:05月18日 著者:大間 九郎
よつばと!(14) (電撃コミックス)よつばと!(14) (電撃コミックス)
読了日:05月18日 著者:あずま きよひこ
自分探しと楽しさについて (集英社新書)自分探しと楽しさについて (集英社新書)
読了日:05月21日 著者:森 博嗣
猫語の教科書 (ちくま文庫)猫語の教科書 (ちくま文庫)
読了日:05月23日 著者:ポール ギャリコ
新解さんの謎新解さんの謎
読了日:05月31日 著者:赤瀬川 原平

読書メーター

ハーレクイン系小説のタイトルに一番多く使われている(であろう)爵位を調べてみた

*経緯
ハーレクイン系小説への興味が微妙に湧く→用事のついでにブックオフへ行く→ハーレクインの棚を見つけて眺める→「……伯爵多くね?」→「あ、でも他のやつ(爵位)もいるな……」→「何が一番多いとかあるのかな」→『ハーレクイン 爵位 統計』で検索→「出てこねえ!!!!」→「もういいや自分で調べたろ」 ←イマココ!!

※興味→少しずつ読み進めている『乙女の読書道(著:池澤春菜)』で喩えとして登場した他、偶然にも先日参加した読書会で『イブ&ローク』シリーズについての言及があったりした(「SF的世界の食べ物」的な話題で出てきた)


*今回の調査条件
・調査にはAmazonの情報を使用
└本カテゴリの「文学・評論」に絞って検索
・検索ワードは「ハーレクイン 【爵位】」
爵位についてはWikipediaの一覧表を参考とする
└漢字表記のみ(カタカナは同音異義とかややこしいので除外)

著者/翻訳者名や商品説明も引っ掛かっちゃうので純粋にタイトルのみってことにはならないんだけど、だいたいのデータってことでご了承いただければ。
同社のティーンズラブ系レーベルのやつとかも一緒に引っ掛かってたらゴメンネ☆

Q.ハーレクイン公式の検索フォームからタイトル指定で検索したら?
A.古い作品がヒットしない/レーベル指定して足し算するのめんどい


*調査結果
伯爵:163
王子:115
公爵:102
騎士:62
子爵:44
侯爵:39
男爵:15
大公:2

ヒット数が0件だった爵位
親王、公子、辺境伯、伯、副伯、準男爵/准男爵、勲功爵、勲爵士

※『公子』のヒット数は40件だったけど、表示結果でもしやと思って確認してみたところ『貴公子』か『大舘公子(翻訳者)』が引っ掛かっていることが判明したので0件扱いとします(見落としあったらゴメンネ)


*まとめ
わたしは深夜のテンションに任せて何を?

……ということで、ハーレクイン系小説のタイトルに置いて一番多く使用されている(と推測される)爵位

『伯爵』

であることが判明しました。まあカッコいいもんな(モンテクリストとかサンジェルマンとかもいるしな)。

これ以外にもハーレクインについては色々調べてまとめてたりしたので、覚えてたら続けて記事化したいと思います(というかそっちを先に公開しようと思っていた)。

 

乙女の読書道

乙女の読書道

 

池澤春菜さん、本の紹介(まとめかた)と文章の表現がべらぼうに上手い……。

 

去年の振り返りと今年の目標2018

http://nzmk-lab.hatenablog.com/entry/2017/02/09/014613

去年こんな記事を書いてたのを思い出して「今年もやっとくか」とぼんやり考えてたら3月。3月て。

ぐだぐだ書いてたら文字数膨れ上がってしまったので最初に内容をざっくり。

 

1.去年掲げた目標の振り返り

2.去年のハイライト

3.今年の目標

4.意識的にやれるといいなってこと(今年の目標も踏まえて)

5.まとめ

 

この記事5600字くらいあるらしいぞ!!!!(マジかよ)

 

続きを読む

メテオス面白いよメテオス

出掛けた先のブックオフで250円になってて「もうこりゃ買うしかねえな!」ってなって買った("っ"が多い)。しばらく寝かせてたけど最近プレイし始めたのでメモ程度に感想を書く。

・最初よく分からなかったし死にまくってたけど慣れてきたら何が面白いのか分からないのに必死になって無限にプレイしてしまう(何が面白いのかは分からないけど面白いということは確か)
・ここぞという時の操作性がちょっと悪いかも(メテオがパッと掴みにくい)
・めちゃくちゃスマブラ パズルゲームで何を言ってるのかって感じだけどめちゃくちゃにスマブラ(メニューのUIとか音楽とかゲームモードとかルール設定とか言葉遣いの桜井さんっぽさとか色々めちゃくちゃにスマブラ
・打ち上げた時の効果音の鳴り方がルミネスっぽい(水口哲也さんが関わっているから?)
・解説テキストが好きでグランネスト使ってるけど実際使いやすくない? 使いやすい(落ちる速度がちょうどいいしメテオも見やすくて良い)
・サクッと遊べるところが本当に「ちょうどいいゲーム」って感じ(ふとした時に「やるかー!」ってなれてしばらくプレイして満足できるタイプのゲームだと思う)

────

今年も残り4日だって! うひー!

メテオス

メテオス

 

 

文アルはじめた

428とかのイシイジロウさんが関わってたり文豪がモチーフだったりと気になる要素はあれどなんか手を出すには至れないでいた『文豪とアルケミスト』をついに始めてしまった。

 
「近々ストーリーが追加されるよ」「今始めたらガチャ石たくさんあげるよ」という情報を得てストーリー実装前でも登録だけしておこうかなとは思いつつ重い腰が動かない状態でしばらくいて、日曜くらいにツイッターで新潮社コラボのスマホカバーの画像見て「いいな」と思ったのをきっかけにヨッシャいっちょ初めてみっかという気分になり現在就任4日目です。
「出版社とのコラボ」と「キャラものでないグッズ」を見て作品としての方向性的な信頼を抱いたのかもしれないなと見ている(他人事か)。

────


*プレイ感想(ファーストインプレッション)

よーし始めるぞーと意気込んでアクセスしたらFirefoxユーザーには人権が無かったのでキレ気味でChromeに移動するところからゲーム開始。
【現在の感想】Chromeでのプレイング、アドオンの『demado』と『Prisc!』がマジ便利…。

チュートリアルで「あれ、これ(艦これでいうところの)初期艦固定? ランダム? こちらでは選べないタイプ?」と思ったらまさかの「一人は固定で一人は選べる」というおもしろ方式だった。なんとなくこの手のゲームって「好きなキャラを一体選んでね」→「じゃあチュートリアルに入るよ」みたいなイメージがある。
【現在の感想】書きながら「(徳田秋声は)FGOでいうところのマシュだと解釈すれば分かりやすいな」と思った。

選べる方の初期キャラは中野重治を選択した(かわいいから)。赤羽根さん、アニマスのプロデューサーにカドの浅野さんになんだ眼鏡キャラなイメージなのか…?(見識が狭い)
【現在の感想】いま名前確認するためにググったら史実(モデル)の方もちゃんと眼鏡だった(というかあの眼鏡)ので「ほほー」って感じ。

攻略Wikiに「二体増やして四人にしてから出撃するといいぜ」とあったので二体増やそうとしたらキャンペーンで一体貰ってしまってアッナンカスミマセン始めたてなのに…という気持ちになった。ということで初期メンはデフォルト入手の「徳田秋声」「中野重治」に配布の「萩原朔太郎」と、建造(艦これ的表現)して入手した「国木田独歩」を加えた四人という編成に。
【現在の感想】ここで弓キャラ引けたの運が良かったな!?(ローテーション用にもう一体欲しくて転生粘ってみてるんだけどなかなか来てくれていない)

めちゃくちゃに音楽が良いし雰囲気も良い(確信)。適度なレトロ感ないしスチームパンク的雰囲気がめちゃくちゃに心地良い。癒される。ヴァニラウェアゲーを彷彿とさせる食べ物へのこだわりもとてもいい感じ。あとキャラクターも男性がメインだけど、「"女性ウケ"的キラキラオーラ」みたいな感じがわりと抑えられている印象がある(なんかみんな落ち着いている)。ありがたい。
【現在の感想】最初で初期メングリグリ出撃させながら「なんかみんな可愛くない? かわいい(確信)」ってなってた(自身の『男性キャラ萌え』への理解度が上がってきたことも関係してるのかもしれない)。少しずつキャラが増えてきた今も「みんな個性があっていいなあ」って感じ。

とにかく音楽がべらぼうに(格好)良いのでみんな聞いてみてくれー!!!!
サントラアルバムの視聴動画:「文豪とアルケミスト 劇伴音樂集」全曲試聴ムービー - YouTube

 

文豪とアルケミスト 劇伴音樂集

文豪とアルケミスト 劇伴音樂集

 


作曲者の坂本英城さん、調べてみたら色んなゲームで作曲担当されててすげーなって思った(小並感)。やったことなくても名前は超絶知ってるようなタイトルがWikipediaにたくさん挙げられている…!
無限回廊のサントラおすすめです(プライムミュージックに追加されて聴き倒してたんだけどそうかこれの人か…という気持ち)。

────

*キャラへの所感とか

徳田秋声かわいくない…?(ぐるぐる目)

・周りと比べて地味/普通っぽいところ気にしてるのが可愛い。おそらくそのせいで助手に選んだ時「僕でいいのかい?」って聞いてきたり編成する時「僕より他の人の方が」って言ったりするんだろうなあ。あと放置ボイスの「どうせ僕のこと忘れてるんじゃないの?」もあるよね。好き。『周りと比べてしまう(自信を持てない・才能を確信しきれない部分があって、自分でもそれが嫌)』部分は耗弱した時顕著に出るよね(ボイスの変化が知りたくて耗弱時にクリックしたら「僕が失敗して面白いか」みたいなこと言われてすごく申し訳無い気持ちになった)。なんというか「お前がいいしお前に頑張ってほしいんだよ! それにお前はお前でいいの!」ってすごく言いたくなるキャラだよね…(ヒロインじゃん)。
・↑だからこそ内に秘めてる意思みたいな部分が感じられる台詞の愛おしさが増すんだろうなあ…。「僕でいいのかい?」も「頑張るよ」って続くし、MVP取ると「僕だって一応みんなと一緒に戦うよ」って言うし。
・眉毛の頭のほうが微妙に下がってるところが可愛い。サンタオルタ感(リヨ絵だと顕著だよねサンタ)。あと全体の色味もカワイイ。黒髪に黒目でパキっとした色合いの服装っていうコントラストがいいと思う。髪の毛がちょっとボサっとしてるのもいいぞ。
・普通(平和・平穏)を望んでいるのに巻き込まれ体質っぽさがあるところが可愛い。被ダメージボイスの「なんなんだよぉ…!」がめっちゃ好き。たぶん面倒事に巻き込まれてもあまり相手に「コラー!」ってならない(怪訝な顔をしながら不満を漏らしてくる)タイプの子だ。好き。
・喋り方が可愛い。「~だね」「~だよ」「~なの?」「~さ」みたいな感じで喋る。カワイイ。一人称も「僕」(カワイイ)。「どうしてそんなにいきがっているのさ?」の言い方好き。かわいい。
・戦闘ボイスかっこいい。『平和で平穏な日常を愛しているからこそ、ソレを踏みにじられることが我慢ならない』みたいな印象を受ける。良い。
・あの…とにかく『ヒロイン系主人公』感というか…こう…その…そういう…(ろくろ手)。上に挙げた要素から分かると思うんだけどこう、成長や幸せを掴むまでの過程としてどんどん辛い目にあってほしくなる(けどなってほしくないという気持ちもある)…。とにかくめちゃくちゃ応援したくなるんだよね…。能力開放時の「いつの間にか、僕も結構強くなってたんだね」は相当に主人公感がある。やばい。健やかに成長してくれ。

――かわいい。(確信を得たという顔)




他のキャラも少し書いておく(所持キャラ全員挙げたらキリ無いので特に印象の強いキャラだけ)

国木田独歩】MVP取りまくってるし今の時点で一回も耗弱状態に陥っていない。なんだこいつ(なんだこいつ)。キャラとしては「転んでもタダでは起きない明るい知りたがり(取材系)キャラ」という印象。探偵っぽさもある。ストレイドックスの方と違ってどちらかと言えば大らかなタイプだなあと思ったけどメモ魔なところはしっかり一緒で面白い。FGOシェイクスピアといい艦これの青葉といい、外向型の物書き系キャラは結構好きなんだろうか自分。 \うんうん、これで独歩さんのすごさが分かっただろー?/
萩原朔太郎】初見の「…こんばんはっ!」のインパクトがすごかった。すーぐ憂鬱になる! 寂しがり屋! 褒められたがり! かわいい!!!!! あと本人には悪いけど耗弱状態の落ち込み方がちょっと面白い。\憂鬱/
中野重治】癒し系しっかり者カワイイ。自分の職業に対して信念とか強い意思(すごく大事に思ってて、たとえ踏みにじられても心の中では絶対にそれを曲げないというような)を持っている感じのところが好き。説明文の『意外にも大雑把』『文豪一、字が汚い』のギャップ萌え感がすごい。あと耗弱時すごいあの、露骨に闇の深さがやばい。\今のキミの攻撃、批判のしようが無いよ~!/
石川啄木】第一印象「不良じゃん(不良じゃん)」 一人称「俺様」の借金踏み倒し不良(がさつ?)系キャラってなんだよ露骨に萌えキャラか。一人称に反してちょいちょい自己評価低そうな部分の見えるところが好き。 \必殺ッ! 借金苦!/
北原白秋】最初「喋り方の変な飄々としたキャラだな~(好き)」って感じたけど、戦闘関連・耗弱時の台詞からやはり『強い信念の柱』みたいな部分が強く感じられて、そういうところがすごく好きだなと思った(深いところで激しく怒るタイプというか)。あとなんか食事ボイスが謎にエロい。結構耗弱まで追い込まれちゃうこと多くてゴメン(だから連続して転生してくるのだけは本当に勘弁してくれ)。  \ちょっと一服してくるよ/←おとなしく寝ててくれ


────

いつものことだけど記事の落とし所が分からん!!!!!!
雰囲気とか好きなのでマイペースに続けられたらいいなって思います! ストーリーも楽しみ! あとサントラ欲しい! おわり!!!!!

2017年秋アニメ気になるものリスト

ハッカドールのアニメリストが更新されていなかったのでメモするついでにブログの記事にしようと目論んだ。
夏は「Fate/Apocrypha」「アホガール」「僕のヒーローアカデミア」「イケメン戦国◆時をかけるが恋は始まらない」を視聴。「バチカン奇跡調査官」は5話くらいまで観たけど残りは気力が残ってたら…という感じ。
あと配信サービスで観ていたログ・ホライズンを完走しました。二期早よ。

続きを読む