ぷよクエのクロードとアルセーヌ・ルパン(&モーリス・ルブラン)の関連性について

概要

ぷよぷよ!!クエスト』のクロード(怪盗キャラ、ご多分に洩れずアルセーヌ・ルパンがモチーフっぽい)と元ネタとの関連要素とかそういう感じのアレについての記事。Twitterに投稿したやつのまとめ+追記補足(ふわっとしている)。
全体的にクソにわかもいいところなんで間違ってる部分とか気付いてないような部分があったりしたら優しく教えてくれよな!!!!!
調べてたら量増えた&入り組んできたので見出し使ったりしてる(エディタの範囲指定が上手くいかないのでいつも太字でごまかしてたけど今回はちゃんとHTMLタグ調べて設定してるぜ!!!!(褒めて))

クロードの見た目について

f:id:revosiemit:20181022144134p:plain
この見た目は怪盗以外有り得ない、というくらい模範的・典型的なルパン系怪盗キャラの見た目だと思う。

またルパンの服装のイメージとして、「シルクハットと夜会服にモノクル (片眼鏡)」というものがある。が、意外にも原作の本文中にはそういう描写はまったくない。このイメージは、ラフィット社からルパンの単行本が初めて出た時に、表紙などのイラストがこのスタイルで描かれたことが原因で広まったらしい。
アルセーヌ・ルパン - Wikipedia

奇岩城 (新潮文庫―ルパン傑作集)
概念レベルにまで落とし込まれたルパンの図(なんかマント着てるイメージもあるよね)

f:id:revosiemit:20181022144246p:plain
ちょっと分かりづらいけどモノクルもちゃんとある

 ところで全部のイラストに描いてある宝石って「女王の首飾り」から来ているんだろうか(影が首から下げてるイラストあるし)。にしては簡素すぎるような気もするけど

f:id:revosiemit:20181022144134p:plain

f:id:revosiemit:20181022152513p:plain

f:id:revosiemit:20181022152535p:plain

f:id:revosiemit:20181022152549p:plain

f:id:revosiemit:20181022152552p:plain
フレーバーテキストにこういう記述があるも「ヒミツ」については特に明言されていない(はず)

クロードの名前について

ps:/¥

クロード・モネの絵で有名な大西洋岸の町エトルタには、彼の住居を基にしたモーリス・ルブラン記念館、通称「アルセーヌ・ルパンの隠れ家」がある。またモネの絵の題材にもなった有名なエトルタの岸壁は、その頂上に登ると崖の内部に潜れるようになっており、『奇巌城』に登場する暗号がそのまま金属プレートで掲示されている。

モーリス・ルブラン - Wikipedia

 ちなみに「クロード」についても調べてみた

フランス語圏に多い名前。ローマの名門クラウディウス氏族(Claudius)に由来する。男女ともに用いられる。

クロード - Wikipedia

伝統的に高慢・強気・非妥協的・先見性、国家利益を最優先とする確固たる意思、強い責任感、といった資質を持つ男たちが多い。 しかしながら、その資質は軍隊を率いる際には利点となる点も多く、歴代非常に多くの高官を送り出した。
クラウディウス氏族 - Wikipedia


カードセリフ(吹き出しセリフ)と連鎖ボイスを参照する限り少なくとも『高慢・強気』ではあるよね。『国家利益』『強い責任感』はクロードよりもルパンっぽい印象(愛国者であり弱気を助ける義賊であり……)。

クラウディウス』っていうと浮かぶのは『皇帝ネロ』だけど『クラウディウス氏族』のページにいないのナンデ?(記入漏れなのか分類が違うのか)
ところでアルセーヌ・ルパン、なんか皇帝やってた時期があるっぽいんだけどマジか。

ちなみに英語版Wikipedia曰く『アルセーヌ(Arsène)』の語源は「強く、勇敢な(strong, virile)」らしいぞ。……もしかしてかなり意図的なネーミングだったりするのかも?(偶然に色々と一致したのかもしれないけど) 

クロードの「影」について


上記ツイート参考部分(スクショ)から

 「どこへ行っても付きまとう。ルパンはわたしの影ではない。わたしがルパンの影なのだ。わたしが小説を書くとき、机に向かっているのはルパンであり、わたしは彼に従うだけだ」
 ルパン・シリーズの作者モーリス・ルブランは自身の推理小説の主人公、アルセーヌ・ルパンと自分自身の関係をこう表現しました。

小説家モーリス・ルブランの足跡をたどるエトルタ―「アルセーヌ・ルパンの家」

魔界からきた神出鬼没の怪盗。
あまり自分のことを語らず、彼の正体や目的を
知る者といえば、自身の「影」くらいだという。
ぷよぷよ!!クエスト『[★5] クロード』カード紹介

私が怪盗をしている理由か?
それは私の「影」に聞くといい…可能ならな
ぷよぷよ!!クエスト『[★5] クロード』セリフ

 


上記ツイート参考部分(スクショ)から

 ハートの7(ハートのセブン、原題:Le Sept de cœur)は、モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズのひとつである短編小説[1][2]。1907年発表。第一短編集『怪盗紳士ルパン』に収録。「わたし」ことルブランが、自宅での怪奇な事件をきっかけに、ルパンの伝記作家となったいきさつが明かされる。
ハートの7 - Wikipedia

 

Q.変装要素

A.(イベント限定カードに)ある

カード能力解説/魔界シリーズ - ぷよぷよ!!クエスト @ ウィキ - アットウィキ

f:id:revosiemit:20181014002722p:plain

 

たとえどのような姿になろうとも この「影」だけは、私と共にあるのだ

【ぷよクエ攻略】変装のクロード・Sの最新データ!

 

ふわっとしたまとめ

クロードくんかっこよくてかわいいしつよいからみんな使って

落とし所がわからないのでここで終了です。浅い浅すぎる。

軽い気持ちで調べてみたら予想以上にすごくモチーフとしてルパンが絡んでいるんだなーと驚いた。「影」とかちゃんと分かる人には分かるネタだよなあ……。
ルパパトきっかけに初めてルパンシリーズに手を出したような人間なのでそのへんピンときてなかったんだけど、調べていくうちに「これって……!?」というような要素が浮き上がってきてなかなか楽しかったです(作文)。

名探偵コナン」とのコラボによって同じくアルセーヌ・ルパンがモチーフ(こちらは明言されている)である怪盗キッドと一緒に並べることができるのも面白いところ。ちょうど今コナンコラボ復刻してるみたいなのでサポートやバトルの相手に表示されやすくなってるんじゃないかな。

f:id:revosiemit:20181022132452p:plain
うまくいけばこういうことができる

そういえば昨日はルパパトの放送日で江戸川乱歩(こちらも怪人二十面相のモチーフが以下略)の誕生日だったんだよね。頑張って昨日仕上げればよかったとか思わなくもないけどまあ後の祭りですよね!!!!!(ドンマイ)

 

怪盗紳士ルパン (偕成社文庫―アルセーヌ・ルパン・シリーズ)

怪盗紳士ルパン (偕成社文庫―アルセーヌ・ルパン・シリーズ)

 

 図書館で借りたんだけど手に取りやすいサイズ感で表紙もなんかオシャレだった。中身自体は昔に出たやつみたいだけど読みやすい文体で良い(古めかしすぎない感じ)。フランス語をカタカナ表記してるような部分とか昔の文化っぽい単語とかに解説/訳注入ってないのだけは(子供向けとして)少し不親切かもしれない。
レビュー読んでみたら「ハヤカワ版の訳もいいぜ」ってあってほほーってなったんだけど知ってる! ホームズやジーヴスで通った道だこれ!!!!(別の訳でも読もうとするやつ)

 

追記:見た目についての部分が抜けていたので追加