読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今までにプレイしたゲーム(ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS編)

ゲーム

途中で力尽きてるけどゆるして

 

「クリア済み」
エンディングを見たなど、ゲームが一区切りついた段階まで行ったゲーム。多くの場合フルコンプリートはしていない。

「未クリア」
何らかの原因からクリアしていないゲーム。たいてい行き詰まり。

「その他」
「クリア」と呼べる状態が存在しないゲーム、家族に借りてプレイさせてもらったゲームなど。

――――――――――――――――――――

ゲームボーイアドバンス

クリア済み:
ポケットモンスターサファイア
記念すべき「初めて買ってもらったゲーム」。
最初のお供はミズゴロウにした。
他のゲームでもそうだけど、通信プレイはあまりしなかったと記憶している。

ポケットモンスターエメラルド
最初のお供はミズゴロウにした。

ポケットモンスターファイアレッド
最初のお供はゼニガメにした。
買ってからチャンピオンを倒すまでに結構時間が掛かったと記憶している。

MOTHER3
初めてプレイしたMOTHERシリーズのゲーム。
ドットが綺麗で滑らかだった。あとカエルが可愛かった。
否定的に言われがちらしいけどあんまりそうとは思わない(記憶が薄いからかもしれない)。

でじこミュニケーション
日常スレに名前が挙がっていたので気になってプレイした。
キャラゲーだけどゲーム部分もしっかりしていて感心した。
一周がそんなに長くないのでサクサク遊べるところがいい。
誕生日入力があったから本編中その日付になったら祝ってもらえるのかと思ってたけど、全くそんなことは無かったぜ!


未クリア:
「ハムスター倶楽部3」
途中でソフトが故障した。

MOTHER1+2
1→クイーンマリーのところから脱出できない(方向音痴)
2→一回ラスボスまで行ったけど予想以上に怖くて中断してしまった

――――――――――――――――――――

ニンテンドーDS

クリア済み:
さわるメイドインワリオ
DSの「初めて買ってもらったソフト」だった気がする。
アシュリーのステージのボスゲームが難しくてずっと先に進めず、代わりに友達にクリアしてもらった記憶がある。
あと、おまけ集めが楽しかった。

ぷよぷよフィーバー
ストーリーは一通りクリアしたけどいまだにカーバンクルを解禁できていない。
フリープレイでは見た目だけでユウちゃん選んでたような気がする。

ポケットモンスター ダイヤモンド
最初のお供はポッチャマにした。
買ってからクリアするまでに時間を要した記憶がある。
GTSで世界中の人と適当なポケモンを交換しては「この国から来たんだーすげー」とキャッキャしてた記憶がある。

星のカービィ 参上! ドロッチェ団
ラスボス一歩手前(?)のドロッチェを倒すのに苦労した記憶がある。
シャボンのアイテムを混ぜるのが楽しかった。

ぷよぷよフィーバー2【チュー!】」
ストーリーはクリアしたけどいまだに全ての要素(手紙とか)を解禁できていない。
メニューが普通のメニューから街っぽくなったりキャラが増えたりお楽しみ要素が充実していたりして驚いた(と思う)。
舞台設定が掘り下げられていたりキャラや舞台についての設定や謎がたくさん提示されているあたりが設定厨にはたまらない。
フィーバー系の絵柄ではこのシリーズの絵が一番好きだと思う。
ストーリー以外の時に使うキャラはシグ、レムレス、あやしいクルーク。

ぷよぷよ! Puyopuyo 15th anniversary」
フィーバー2から初代フィーバーに近い感じの仕様になってしまったのが残念だけど、色々なゲームモードがあって楽しい。
一番好きなルールはこおりづけ。
ぞう魔王を使うとぷよが落ちた時の音が変わるところに感心した。


逆転裁判4
初めてプレイした逆転裁判シリーズのゲーム(と言ってもこれ以降はプレイできていない)。
音楽が良かった記憶がある。
ストーリーで色々言われてるみたいだけど当時まだオツムが幼かったためかあんまり気にせず楽しめた。
謎解きが難しくて攻略サイトを頼りまくっていた記憶がある。

どきどき魔女神判2
2からプレイしたので初代より先に書いておく。
なんで興味を持ったのか忘れたけど限定版がネットで安かったからという理由で購入したことだけは覚えている。
ストーリーのクリア後はバトル(このゲームの代名詞的な要素になっている、女の子の体をタッチするモードではない)にハマった
もう少しでCGコンプリートってところで周回プレイが止まっているけど、それでも7周くらいはしてる。
とにかく楽しいゲームなのでみんな買ってプレイしてください(切実)。2は前作のキャラが登場するので、できれば初代から。

どきどき魔女神判!」
2から逆行する形でプレイした。
なんというか、「シリーズ物の”初代”」特有の雰囲気がある。
初代だから2よりも不便なところや残念なところが多いんだけど、逆を返せば2はそれだけ反省点が活かされているゲームなんだなと関心した(ゲーム自体は楽しい)。

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト
魔石を地面に積みまくって上のエリアまで無理やりショートカットするのが楽しかった(悪い遊び方)。
どこかのダンジョンで先に進めなくて詰んで、攻略本まで買って確かめたら「運悪く上下に動くリフトが見つけられなかった」だけ、というオチで「アホか!!!」的な気持ちになった思い出がある。
ストーリーに関してはおぼろげな記憶しか無いのでなんとも言えない。

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム
ストーリーモードとフリープレイモード(?)の垣根が無くなったこともあって前作よりストーリーが汎用的(?)になったような気がした。だからといってストーリーがおざなりになっているという印象はあまり無かったような気がする。
ストーリー関連のムービーがわりと「主人公=プレイヤー」を意識している作りで感心した記憶がある(主観視点を多用したりとか)。

アヴァロンコード
男主人公を選んで、恋仲まで進展したのはドロテア姫だった。
なにからなにまで予言書(色々なことを記録できるシステム上重要なアイテム)でバシバシ読み取れるのが楽しい。
もっと操作性が良かったりストーリー以外で出来ることが多かったりしたら「このゲーム最高」って言いまくってたと思う。
それでも面白いゲームには変わりないんだけど。

ノスタルジオの風
あんまりそういうゲームをやったことはないんだけど、なんだか「古きよきRPG」って感じで良かった。
空を飛んで地球上の色々な国へ行けるのが楽しい(国ごとの特色もしっかり出てるし)。
エンカウント率が異常なエリアとかはあるけど、基本的な難易度はそれほど高くなくてプレイしやすいからもっとたくさんの人にプレイしてもらいたい。

セブンスドラゴン
世界樹シリーズが好きなので購入した。
仕様的にアレな要素は多いけど、確実に「好きなゲーム」と言えるほど好き。
ストーリー的にはあからさまに「設定設定ィ!!!!」て感じじゃない(と思う)けど実は街一つごとの設定やイベントや小ネタが多い…みたいなやつが好きなんだろうか自分は。

ラブプラス
ラブプラス+
「その他」に分類しようかと思ったけどストーリー部分は全員分クリアしているのでこっちに入れておく。
メインデータでは高嶺愛花さんがカノジョ。
発想も内容も悪くないゲームだと思うんだけど、末永くプレイしていくにはちょっと厳しいゲームだなあと思った。
「プレイする度に用意されている内容が消費されていく(ある程度プレイすると目新しさがなくなっていく)」のがアレなんだろうか。今のハードだったら携帯機でも追加コンテンツ出したりゲーム自体をアップデートさせるようなこともできるだろうけど、「ラブプラス+」まではDSだから(内蔵されてる隠しコンテンツのアンロックとかはできても)アップデートも追加コンテンツのダウンロードもできないし…。3DS版ではどうなっているんだろう。

THE IDOLM@STER Dearly Stars
オールクリアエンディングまで出した。
アイドルマスターの外伝」としてだけではなく、「ストーリーものゲーム」としての出来も良いのがすごい。

レイトン教授と悪魔の箱
レイトン教授と最後の時間旅行
レイトン教授と魔神の笛


シグマ ハーモニクス

未クリア
エッグモンスターHERO」
ポケモンレンジャー
New スーパーマリオブラザーズ
ファイナルファンタジーIII
世界樹の迷宮II 諸王の聖杯
世界樹の迷宮III 星海の来訪者
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス

その他(自分が持っているゲーム)
「ぐるぐる投げっと」
おいでよ どうぶつの森
ニンテンドーDSブラウザーニンテンドーDS Lite専用)」
トモダチコレクション
「ゲーム&ウオッチコレクション」
DS文学全集

その他(家族に借りたことがあるゲーム)
東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け」(あった気がする)
「こころに染みる毛筆で書く相田みつをDS」
「株式売買トレーナー カブトレ!」
漢検DS」
「DS陰山メソッド「ます×ます百ます計算」」
たまごっちのプチプチおみせっち
たまごっちのプチプチおみせっち ごひーきに」